ハチのトラブルを避ける|アシナガバチ駆除の駆除は慎重に|危険性が高いから専門業者へ依頼

アシナガバチ駆除の駆除は慎重に|危険性が高いから専門業者へ依頼

メンズ

ハチのトラブルを避ける

ハチの巣

被害の責任者は

庭の手入れを怠っていて、目の届かない茂みなどができると、そこにハチの巣ができやすくなります。誰にも影響がなければ良いのですが、ハチが隣家の人を刺して被害を負わせると、トラブルに発展する可能性があります。特に最近では、管理が不十分な空き家の軒下に、ハチの巣ができることも多くなっています。近所にハチの巣ができて危険を感じたときは、その土地の所有者に駆除を求めることができます。土地が公有地ならば、行政に駆除してもらえます。駆除を求められときは、早めに何らかの手を打つ必要があります。そのまま放置して、万が一誰かに被害を及ぼした場合、土地の管理義務を怠ったとして、損害賠償を請求される可能性もあるため注意が必要です。

共同住宅の場合

ハチの巣を自分で取り除くのが難しいときは、行政に相談してみると良いでしょう。危険性が高いと認められれば、無料で駆除してもらえる場合があります。ただし自治体によっても異なり、絶対ではないので過度な期待はできません。一戸建てでなく共同住宅の場合、専有部分にハチの巣ができたら、自費で駆除する必要があります。共有部分であれば、家主やマンション管理会社に駆除を求めるのが妥当です。マンションのベランダは、法律的には共有部分と考えられますが、実際の駆除は自費になることが多いようです。現実に訴訟が起こされることは稀ですが、無用な近隣トラブルを避けるためにも、ハチの巣に気づいたら適切に処置することをお勧めします。